杏仁オイルの効果とは!老人性イボに効くってホント?

杏仁オイルって、ご存じですか?

ちなみに「あんにんオイル」ではなく、「きょうにんオイル」と読みます。

杏仁は、生薬として使う時には「きょうにん」、杏仁豆腐などの菓子(デザート)に使うときには「あんにん」になるようです。

さて、杏仁オイルとは、杏子の種の中心部分(杏仁)を取り出して、絞り出されたオイルのことです。

アプリコットオイルとか、アプリコットカーネルオイルと呼ばれることもありますね。

f:id:charming30:20160928162657j:plain

杏仁は、昔から生薬として利用されてきました。
咳や痰、吐き気などに効くんだそうですよ。

杏仁オイルには、パルミトレイン酸が豊富に含まれています。
別名「若さの脂肪酸」と呼ばれているもので、実際、若い人の肌には沢山含まれています。

皮膚の老化を防ぐ効果があるので、このパルミトレイン酸が不足すると、老化肌になりやすくなります。

要するに、杏仁オイルをスキンケアに使うことで、このパルミトレイン酸を補えるということです。

これは、是非取り入れたいものですね!

f:id:charming30:20160928163233j:plain

パルミトレイン酸の他にも、杏仁オイルにはこんな脂肪酸が含まれています。

オレイン酸・・・過酸化皮脂の予防し、皮膚を柔らかくする。
リノール酸・・・美白効果があり、皮膚の乾燥や老化を防ぐ。
ステアリン酸・・・抗酸化作用と補油効果があり、アンチエイジングにいい。
パルミチン酸・・・紫外線から肌を守り、加齢による肌トラブル防止する。

f:id:charming30:20160928163610j:plain

年齢を重ねていく女性にとって、杏仁オイルはもう必須という感じでしょうか?(笑)

また杏仁オイルには、こんな効果もあるんですよ!

杏仁オイルの効果・効能とは?

杏仁オイルの美容面での効果・効能には、次のようなものがあります。

1.肌荒れの改善

新陳代謝を促進される効能があるため、肌荒れ全般に効果的と言えます。
アトピーにも効くと評判ですよ。

2.シミやそばかすの改善

ビタミン・ミネラルはもちろん、ビタミンB群が多く含まれています。
肌の新陳代謝を促して、肌のキメを細かくし、シミやそばかすを目立たなくする美白作用があります。

3.紫外線防止

紫外線が皮膚を酸化させるのを防御する働きを持っています。
肌に薄く塗るだけで、年齢とともに減少していく皮膚膜の代わりを果たし、強い日差しから守ってくます。

4.イボの改善

杏仁オイルの最大の効能は、「イボ取り」だと言われています。

加齢で新陳代謝が衰え、老廃物が溜まっていくと、いわゆる“老人性イボ”が発生します。
特に首周りに発生することが多いので、“首イボ”と呼ばれることが多いですね。

皮膚科に行けば、液体窒素やレーザー治療で除去することができますが、それなりの費用がかかります。

杏仁オイルでマッサージをすることで、血流をよくして皮膚の新陳代謝を促すことが可能です。
オイルの有効成分がイボに浸透していくと、大きくなったり変色したりして、やがて根元からポロリと取れるか、小さくなってなくなるようです。

老人性イボをケアする化粧品には、この杏エキスが含まれていることが多いですよね。

f:id:charming30:20160928164123j:plain

気になる、首のポツポツ・・・老人性イボのケアに、杏仁オイルは最適です。
また、いつまでも若々しいお肌でいるために、積極的に使っていきたいスキンケア化粧品の一つと言えるでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング



blogramで人気ブログを分析